看護師の夜勤ってやっぱりキツイの?

看護師 夜勤きついの画像

看護師の仕事は激務というイメージが強いですが、その理由のひとつとして夜勤の存在があげられるかと思います。夜勤のある職種は看護師ばかりではありませんが、たいていの夜勤アリの職種は、夜勤を専門に受け持つ人と日勤を受け持つ人に分かれてシフトを組んでいる場合が多いと思います。

 

看護師の場合は、一人の人間でも、ある日は日勤・ある日は夜勤という働き方になるので、夜勤がキツいと感じるのでしょう。実際に、夜勤がキツいので病院勤務をやめたいという看護師も多いようです。

 

入院施設を持たない小規模なクリニックなどは夜勤がないので、看護師の就職先として人気が高いのだそうです。しかし、夜勤がキツくてやめたいと思う看護師はたいてい新人の頃で、ベテランになってくると徐々に夜勤にも慣れてキツさも少しずつ感じなくなってくるようです。

 

手当てが出るぶん夜勤はオイシイ仕事だと考える看護師の方も増えてくるようです。夜勤がキツいと感じるのは、自分の睡眠・生活のリズムの面が大きく、仕事の内容の面から見ると夜間の病院はあまり忙しくはないという声もあります。

看護師コラム記事一覧

 

保健師は基本的に「予防」に目を向けた仕事を行います。さて、それを具体的にすると、保健師にはどのような仕事があるのでしょうか。はじめに確認しておきたいのは、単純に保健師とは言っても「地域の保健師」、「学校保健師」、「産業保健師」の三つがあるということです。これらは本質的な仕事は変わらないものの、簡単な事務処理をする必要が増えたり、学校保健師ならより専門的な知識が必要とされたり、と、微妙な差異があるた...

 
 

地域の保健師として働くための職種は、「行政保健師」という職種があります。地域の保健所や保健センター、市役所に勤務する公務員として働きます。都道府県が設置した保健所か自治体などの保健所や保健センターで働くことになります。現在、保健氏は約4万人いますが、その7割の方が地域の保健師として働いています。保健師の仕事は、地域住民の健康を守ることです!ですから、乳児から老人まで幅広い知識を持って対応する必要が...