地域の保健師として働く

地域の保健師として働くための職種は、「行政保健師」という職種があります。地域の保健所や保健センター、市役所に勤務する公務員として働きます。都道府県が設置した保健所か自治体などの保健所や保健センターで働くことになります。現在、保健氏は約4万人いますが、その7割の方が地域の保健師として働いています。

 

保健師の仕事は、地域住民の健康を守ることです!

 

ですから、乳児から老人まで幅広い知識を持って対応する必要があります。都道府県の行政保健師は、広域で専門的な業務が主になります。地域住民が安心して暮らせるように考えたり、疫学や統計の勉強、医療システムの整備等にあたります。

 

あまり地域住民に接する機会は多くありません。地方自治体に勤務する行政保健師は、地域の母親の育児相談を受けたり、老人の話し相手になったり、自宅療養している方を訪問したりというような仕事がメインになります。都道府県の保健師より、地域住民とコミニュケーションを取りながら、個人とより近い立場で仕事に従事します。

 

公務員ですから、事務的な仕事も多いという特徴もあります。

地域の保健師として働く関連ページ

保健師の仕事の内容とは?
保健師の仕事の内容にはどんなものがあるのでしょうか?保健師の仕事は看護師に仕事とはどのように違ってくるのでしょうか?