認定看護師 糖尿病看護の資格詳細って?

認定看護師には、糖尿病看護ができる資格があります。それは、糖尿病認定看護師という資格です。この資格を所持すると、糖尿病患者とその家族に対して、糖尿病に特化した高い水準の看護サービスが提供できます。その使命は、糖尿病の予防、患者とその家族に対する生活、食習慣の指導、患者のQOLの維持と向上をサポートすることにあります。

 

また、糖尿病とそれを原因とする合併症に対してのケアも行います。糖尿病認定看護師の資格を取得するには、一定の条件が必要です。まず、『保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を有していなければなりません。』そして、実務研修が通算5年以上必要で、そのうち通算3年以上は糖尿病看護分野の実務研修を受けていなければなりません。

 

また、日本看護協会が認定した機関における認定看護師教育課程を修了している必要があります。これらの条件をクリアした上で、認定審査試験に合格しなければなりません。

 

糖尿病認定看護師は、糖尿病看護全般を引き受ける、糖尿病看護、ケアのスペシャリストで、糖尿病患者に対する看護システムの立案と構築、糖尿病の予防と合併症の予防、適切な生活習慣と食習慣の指導などに善処していきます。